DVD買取をする場合に、駄目な商品はどういったものがあるのか?

買取店で売れるDVDにはどんな条件があるのでしょうか?中にはDVD買取ができないものもあります。この記事では【DVD買取をする場合に、駄目な商品はどういったものがあるのか?】についてさらに深く掘り下げていきたいと思います!いざDVDを買取に出そうと思っても、買取不可のものがあります。常識的なものもありますが、ここで改めて整理しましょう。

問題なく視聴できるDVDでないとDVD買取してくれません!

例えばDVDをコピーしたものや、法律違反をしている海賊版です。サンプルのDVDも買取対象にはなりません。つまり既製品で販売されていないDVDは買取に出しても受付してくれないわけです。
実際に再生できなかったり、ディスクにヒビ割れや傷が入っていたりするものも注意しましょう。買取に出す前に、問題なく視聴できるかどうか確認すると無駄足になりません。

綺麗にしておくことはDVD買取の基本です!

買取前には綺麗にクリーニグするほうが高額で買い取ってもらえる可能性が高くなります。指紋がついていたり軽い傷ならば、綺麗にすることで問題なく再生できます。日常的にDVDの取扱に気を配ると綺麗な状態を維持できます。DVDを見終わったら、そのままにするのではなくて、ケースに戻すような癖をつけましょう。

レンタル落ちのDVDは買取できますか?

DVDをレンタルしてくれるレンタル専用のDVDがあります。それは「レンタル落ち」と呼ばれます。これはDVD買取店舗によって扱いが違います。実際問題として、レンタルショップで販売されている中古のDVDは大部分がレンタル落ちです。
これは一般的に発売されているDVDと判別しにくいです。パッケージにレンタル専用と記載されていたり、シールが貼っていたりします。

いかがでしたでしょうか?

今回は【DVD買取をする場合に、駄目な商品はどういったものがあるのか?】についてご紹介しました。常識的なことも多いですが、この機会に覚えておきましょう。