ブルーレイの買取とDVD買取の違い

DVD買取に興味がある人はブルーレイはどうなのか気になると思います。ブルーレイはDVDの後継の位置づけです。果たしてDVDの買取と同じレベルになるのでしょうか?この記事では【ブルーレイの買取とDVD買取の違い】について解説します。

高価買い取りになりやすいのがブルーレイです!

ブルーレイの特徴は音質や画質の高さです。メディアディスクはいろいろありますが、その中でもブルーレイは高価買い取りが期待できるのです。もともとの金額がDVDよりも高いのですから、ある意味当然でしょう。特に映像にこだわる人達にとって、高画質で視聴するのはとても、気にかかります。

画像の美しさが顕著なアニメ系とかCG系の作品はDVD版よりもブルーレイ版が人気があります。DVDよりも高価買い取りに繋がります。近頃の映像技術の進歩はとても高いことも追い風になっています。新しく発売されたブルーレイは買い取り価格が上がりやすいでしょう。

ブルーレイの問題点は?

DVDと比べた場合に普及率が低いことが弱味です。DVDレコーダーの普及率は7割とも8割とも言われていますが、ブルーレイディスクの普及率は5割弱です。一般家庭に浸透しにくい理由として、DVDと比較すると再生機器だけでなくソフトも料金が高いこと。高画質の映像を実感できるのは40センチ以上のテレビであることです。

価格の高さもあって、一般家庭でブルーレイが見られる家庭はDVDほど多くありません。つまり買取されたブルーレイが中古マーケットで再販されても、それほどニーズがない場合もあります。回転率が悪くなると埃や汚れでコンディションが悪くなります。

いかがでしたでしょうか?

今回は【ブルーレイの買取とDVD買取の違い】についてお話ししました。
ディスクに損傷ができると買取価格が下がります。ブルーレイを買い取りして欲しいならば、DVD以上に早く買取をしてもらうことが大事です。