高価買い取りが狙えるDVDとはどういった特徴があるのか?

DVD買取を依頼する前に知っておくと有利な情報があります。ちょっと違いによって高額で買い取ってもらえるタイプがあるのです。今回は【高価買い取りが狙えるDVDとはどういった特徴があるのか?】についてまとめておきましょう。ご自分の手持ちのDVDを見直してみて、チャンスがありそうならば査定してもらうといいでしょう。

誰でも知っているような有名な映画作品

これは安定的に買取金額が高いです。具体的には、ジブリやディズニー系です。人気がある「スター・ウォーズ」シリーズやタイタニックなどの超大作もいいでしょう。発売から日数が経過しても、たくさんの需要がありますので、ずっと高い買取水準にあります。

洋画だけでなく邦画もいいですね。日本アカデミー賞を受賞した作品や国際的にも話題になった「影武者」なんかも買取額は高いです。こういった作品群は買い手がつきやすい傾向があります。一方で、できるだけ保存状態の良いDVDを希望しています。極力パッケージに汚れや傷が少ない早いタイミングで売るようにしましょう。

ドラマ系・アニメ系

日本のアニメ作品は日本人だけでなく海外からも欲しい人がやってきます。日本的なサブカルチャーは世界的なブームです。けれどもアニメはブームの波が激しいです。日本国内では、その傾向が顕著ですから、可能な限り早く売るアクションを取るほうが買取額は高いです。

DVD買取店でも、海外ネットワークがあるところは日本の流行廃りには影響が少ないです。インターナショナルで展開しているようなDVD買取店を狙うのも一つの方法でしょう。

ドラマは固定ファンが多いです。ですが、最近はオンデマンド映像配信サービスが増えてきています。先ほどご紹介したアニメより高額買取は難しくなっています。ジャニーズのメンバーが出演している作品は特定のファンがいますので高額な買い取りが期待できますが、それ以外の作品は発売から日が経過しないように買取に出すことをオススメします。

いかがでしたでしょうか?

今回は【高価買い取りが狙えるDVDとはどういった特徴があるのか?】についてご紹介しました。同じ作品であってもDVDとブルーレイがあるならば、ブルーレイのほうが買取金額は高いです。

DVD買取をする場合に、駄目な商品はどういったものがあるのか?

買取店で売れるDVDにはどんな条件があるのでしょうか?中にはDVD買取ができないものもあります。この記事では【DVD買取をする場合に、駄目な商品はどういったものがあるのか?】についてさらに深く掘り下げていきたいと思います!いざDVDを買取に出そうと思っても、買取不可のものがあります。常識的なものもありますが、ここで改めて整理しましょう。

問題なく視聴できるDVDでないとDVD買取してくれません!

例えばDVDをコピーしたものや、法律違反をしている海賊版です。サンプルのDVDも買取対象にはなりません。つまり既製品で販売されていないDVDは買取に出しても受付してくれないわけです。
実際に再生できなかったり、ディスクにヒビ割れや傷が入っていたりするものも注意しましょう。買取に出す前に、問題なく視聴できるかどうか確認すると無駄足になりません。

綺麗にしておくことはDVD買取の基本です!

買取前には綺麗にクリーニグするほうが高額で買い取ってもらえる可能性が高くなります。指紋がついていたり軽い傷ならば、綺麗にすることで問題なく再生できます。日常的にDVDの取扱に気を配ると綺麗な状態を維持できます。DVDを見終わったら、そのままにするのではなくて、ケースに戻すような癖をつけましょう。

レンタル落ちのDVDは買取できますか?

DVDをレンタルしてくれるレンタル専用のDVDがあります。それは「レンタル落ち」と呼ばれます。これはDVD買取店舗によって扱いが違います。実際問題として、レンタルショップで販売されている中古のDVDは大部分がレンタル落ちです。
これは一般的に発売されているDVDと判別しにくいです。パッケージにレンタル専用と記載されていたり、シールが貼っていたりします。

いかがでしたでしょうか?

今回は【DVD買取をする場合に、駄目な商品はどういったものがあるのか?】についてご紹介しました。常識的なことも多いですが、この機会に覚えておきましょう。

どのような流れでDVD買取が進むのか?

あなたが視聴しないDVDがあるのならば、早めに買い取りしてもらったほうがおトクになります。今回は【どのような流れでDVD買取が進むのか?】について迫ります。いろいろな買取の方法がありますが、一番煩雑さがなく手間要らずは「宅配買取」になるでしょう。ポイントをまとめておきますので参考にしてみてください。

DVD買取の意思表示をして申し込む

あなたがDVD買取をお願いしたいサイトにアクセスします。申し込みは電話や専用ページに必要事項を入力することで手続きができます。手元に用意しておいたほうがスムーズに行くのが、振込をしてもらう口座番号などです。キャッシュカードか預金通帳を準備しておくとスムーズです。
DVD買取申し込みをする場合、最近では発送をするDVDを梱包する段ボールも無料でサービスしてくれるところが多いです。必要ならば、依頼するときに一緒に手続きをしておくといいでしょう。

DVD買取をしてもらう品物を梱包する

DVD買取ショップから梱包材が到着したら、手持ちのDVDを詰めて連絡をするだけです。せっかくの商品が破損してしまうと困りますから、できるだけ隙間を作らないように詰め込みましょう。上に重量のあるものを乗せるとケースが割れるリスクもあるので注意してください。
初めて買取してもらう場合は、あなたの身分証明書を同梱するように言われるでしょう。自動車運転免許証や健康保険証などのコピーを梱包することを忘れないようにしてください。

発送作業

あなた自身で発送の手続きをするか、集荷しにきてもらうかを選択します。これは買取依頼をしたときに選ぶようになっています。自宅に取りに来てもらう場合は、日時が指定できます。別に足を運ぶ必要もあるので楽ですね。分量が多くても手軽に発送できるのでオススメです。

いかがでしたでしょうか?

今回は【どのような流れでDVD買取が進むのか?】についてご紹介しました。数日すれば査定金額がメールや電話で通知されてきます。それに同意すれば口座番号に振り込まれる流れです。

高価に買い取ってもらうDVD買取の極意

DVD買取をしてもらう前に、知っておきたいことは、どのように準備しておけば高く買い取ってもらえるかです。今回は【高価に買い取ってもらうDVD買取の極意】について掘り起こしてみましょう。状態やタイミングで買取してもらう金額が大きく違うのです。DVDを売る前にこの記事を確認することは価値があります。

DVDを購入した時点から買取をしてもらう準備をすること!

特に注意して欲しいのはケースをしっかりと管理することです。DVDディスク本体は購入したときのケースに、ちゃんと保管しておけば傷つくことはありません。再生できないようになるなんてないでしょう。けれどもケースは意外と汚れたり傷が付いたりします。剥き出し状態ですから、何らかの方法で保護するようにするといいです。箱の凹みとか割れたりすると査定金額に影響しますから、丁寧に扱うように意識してください。

高く売るために注意したいこと

1番目は、付属品をなくさないことです。完全生産限定版とか初回限定版のDVDは稀少価値があります。なぜならば、特典ディスクや小冊子がついているからでしょう。こういった付属品がないと商品が欠損していると判断されます。当然価値が下がりますから、場合によっては通常版よりも価値が下がります。

2番目は、飽きたらすぐに売ることです。流行しているDVDは発売から1ヶ月程度が高額で買取しくれます。視聴して飽きたらすぐに売れば高額買取が期待できます。

いかがでしたでしょうか?

今回は【高価に買い取ってもらうDVD買取の極意】についてまとめておきました。丁寧に取り扱うことと、売るタイミングを逸しないことがポイントになります。ずっとコレクションしておきたもの以外は、さっさと売ることで次のDVDを購入する予算に入れることが可能です。

ブルーレイの買取とDVD買取の違い

DVD買取に興味がある人はブルーレイはどうなのか気になると思います。ブルーレイはDVDの後継の位置づけです。果たしてDVDの買取と同じレベルになるのでしょうか?この記事では【ブルーレイの買取とDVD買取の違い】について解説します。

高価買い取りになりやすいのがブルーレイです!

ブルーレイの特徴は音質や画質の高さです。メディアディスクはいろいろありますが、その中でもブルーレイは高価買い取りが期待できるのです。もともとの金額がDVDよりも高いのですから、ある意味当然でしょう。特に映像にこだわる人達にとって、高画質で視聴するのはとても、気にかかります。

画像の美しさが顕著なアニメ系とかCG系の作品はDVD版よりもブルーレイ版が人気があります。DVDよりも高価買い取りに繋がります。近頃の映像技術の進歩はとても高いことも追い風になっています。新しく発売されたブルーレイは買い取り価格が上がりやすいでしょう。

ブルーレイの問題点は?

DVDと比べた場合に普及率が低いことが弱味です。DVDレコーダーの普及率は7割とも8割とも言われていますが、ブルーレイディスクの普及率は5割弱です。一般家庭に浸透しにくい理由として、DVDと比較すると再生機器だけでなくソフトも料金が高いこと。高画質の映像を実感できるのは40センチ以上のテレビであることです。

価格の高さもあって、一般家庭でブルーレイが見られる家庭はDVDほど多くありません。つまり買取されたブルーレイが中古マーケットで再販されても、それほどニーズがない場合もあります。回転率が悪くなると埃や汚れでコンディションが悪くなります。

いかがでしたでしょうか?

今回は【ブルーレイの買取とDVD買取の違い】についてお話ししました。
ディスクに損傷ができると買取価格が下がります。ブルーレイを買い取りして欲しいならば、DVD以上に早く買取をしてもらうことが大事です。